crontabを消しちゃった時にアタフタしない対処法

crontabを消しちゃった時にアタフタしない対処法

記事一覧crontabを消しちゃった時にアタフタしない対処法

たまたま crontab 関連で検索していたところ、こんなタイトルの記事が目に留まりました。

crontab -e は「絶対に」使ってはいけない

例えば root ユーザーで crontab -e すると、/var/spool/cron/root が書き換えられるわけですが、visudo が /etc/sudoers を直接触らないのと同じく、crontab -e で編集すること自体は別に悪いことではないんじゃないの?って思いました。

気になって記事の中身を読んでみると、キーボードの e と r が隣り合わせだから危険ってことでした。なるほど、そういった意味での使ってはいけないってことだったのですね。確かに、このオプション危ないなって思ったことはありますが、仕事ではサーバ上で直接 crontab を触らないようにしてきたので、そこまで意識したことはありませんでした。

crontabの内容はどこで管理してる?

というのも、私が初めて crontab を仕事で使った時、既に定義する内容が crontab.txt として CVS で管理されていたのですよね。CVS って言っても伝わりにくい時代かもしれませんが、今でいう Git や Subversion のようなソース管理システムです。

この文化があったおかげで、crontab で設定している内容が消えても短時間で復旧可能でしたし、サーバ上で直接書き換えることはなく、必ずデプロイの過程で crontab に最新の crontab.txt の内容が反映されるようになっていました。

$ crontab crontab.txt

運用を意識すると必然的に安全策を考える

プライベートでは、サーバ上でちょこちょこっと触って、後からソース管理上のファイルを修正するみたいな横着をすることもありますが、とにかく若い頃に携わったプロジェクトのおかげで、仕事では運用時のことを見据えた開発ができるようになった気がします。

まあ、これは Web アプリだけでなく、サーバインフラなども担当していたからこその経験かもしれませんが。サーバの構成や、設定内容、バッチの手順、エラーログに対する調査手順などなど、心配性だったからかもしれませんが、すべて Wiki に書いて運用に備えていました。

最近でも、周りから Jenkins が壊れたからバックアップはないけどジョブを復活させておいてって、プロジェクトの内容もわからない人が頼まれていたという話を聞きましたが、最初にジョブを作った人がせめて何か残しておいてくれたらね・・・。できる人は、すべて頭の中にあるから、また作り直せる自信があるのでしょうが、やはり長く運用していくプロジェクトについては少しでも手掛かりを残せるように、仕組みを考えるのも必要ですね。

最後に、crontab -r してしまったけど、バックアップがない時の対処法として、以下の記事も紹介されていました。少し古いですが、少しは何かの手掛かりになるかもしれませんね。

crontab -r とやってしまった時の対処法

あっ、ついでに Jenkins のバックアップシェルも紹介しておきます。

jenkins-backup-script


参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

AmazonLinuxでEC2起動時にスワップ領域の割り当てに失敗

EC2 起動時のスワップ領域割り当てですが、これまでは以下の記事を参考に、/etc/rc.local を使って行っていました。 ・ Amazon EC2(Linux)のswap領域ベストプラクティス しかし、最近になって、EC2 イン...

>>記事を確認する

【5分でできる】Laravel5.4から5.5へバージョンアップ

Laravel5.5 がついにリリースされたので、5.4 ベースで作っていたものをバージョンアップしてみました。 composer.json の以下の部分を 5.5.* に変更するだけですが、依存関係のパッケージも問題なくアップデ...

>>記事を確認する

【30分でできる】AWSのEC2にgoofysを入れてS3をマウント

過去に携わったプロジェクトで、S3FS の通信状態が悪い時があるので、アプリ側のプログラムを AWS SDK を使ったものに置き換えていこうという施策がありました。 S3FS の導入には関わっていなかったので、導...

>>記事を確認する

【30分でできる】ぐるなびAPIで飲食店の店舗情報取得

過去に作成した「ぐるなびAPI」のプログラムや、ぐるなびの Web Service が新しくなったこともあり、API からの情報取得プログラムを書き換えてみました。 以前の記事は下記になります。 ・ ぐるなびAPIで...

>>記事を確認する

NginxのFastCGIキャッシュで白い画面がキャッシュされる

以前から、トップページにアクセスすると、レスポンスステータスは 200 で返ってくるのに、画面に何も表示されない現象が稀に見受けられたので調査してみました。 さすがに機会損失にも繋がるということで、...

>>記事を確認する

Laravel5.4の認証ユーザーのパスワードハッシュについて

Laravel で用意されている認証モジュールを利用する際、ユーザーモデル(User.php)経由で登録されるパスワードのハッシュ方法について調べてみました。 Laravel 上ではパスワード文字列を bcrypt() のヘルパー...

>>記事を確認する

Laravel5.4のコントローラコンストラクタでAuth::user()が取得できない

Laravel5.4 で認証を通したアクセスに対して、コントローラのコンストラクタでユーザモデルの値を取得しようと思ったら、なぜか Auth::user() の値が取得できなくて悩みました。 public function __construc...

>>記事を確認する

NginxのHSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定

「Let's Encrypt」のおかげで、全サイト SSL 化していますが、これまで nginx の設定では、http のアクセスがあった場合に https に 301 リダイレクトさせていました。 この場合、Googlebot に http のアク...

>>記事を確認する

GoogleMapのAPIキーの認証情報にリファラURL設定

昔は API キーを指定することで、JavaScript で GoogleMap が表示できていましたが、何年か前に、そのキーに対して認証情報の追加が推奨されました。 新規で発行する場合は必須になっているかもしれませんが...

>>記事を確認する

【30分でできる】AmazonLinuxでApache2.4+php7.1+Laravel5.5

先日、「 VagrantでCentOS6.9のイメージを使う 」の通り、CentOS6.9 には Apache2.4 と PHP7.1 で Laravel のフレームワークが使える環境を構築しました。 ただ、将来的には AWS かつ Amazon Linux 上で動か...

>>記事を確認する