Jenkinsのプラグインを含めたバックアップ方法

Jenkinsのプラグインを含めたバックアップ方法

Software(Tips)Jenkinsのプラグインを含めたバックアップ方法

Jenkins を立てて、プロジェクトのデプロイやソースコードチェックなどが便利になりましたが、Jenkins のタスクやビルド時に定義したシェル、そして外部のサイトなどと連動するプラグインなど、後から設定したもののバックアップが気になります。

特に権限管理を始めると、プロジェクトが多くなればなるほど復旧が大変になるし、設定をミスったら Jenkins に繋がらなくなり、Jenkins の設定ファイルを直接触って認証を無効にするなど何かと手間になります。

そんな中、プラグラインも含めてバックアップが取れるシェルが公開されていました。

jenkins-backup-script

jenkins-backup-scriptの中身

引数の部分はわざわざ渡す必要もないと思ったので、以下のように自分用に合わせて固定値にしましたが、残りはそのまま利用させてもらいました。頻繁にバックアップすると、それなりにディスク容量が増えますし、それほど設定が頻繁に変わるとも思えないので半月や月に 1 回くらいバックアップしておき、古いものは削除するなどしておくと安心です。

readonly JENKINS_HOME="/var/lib/jenkins"
readonly DEST_FILE=`date +"%Y%m%d%H%M%S"`.tar.gz

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報