目次

後ろから数えた方が早い場合は$NFを使う

そこで、NF(Number of Filed)と言う組み込み変数を使います。

これは該当レコードのフィールド数を持ってくれているので、これによって最後の項目が何番目かが分かります。

下記は nginx のアクセスログの例ですが、nginx は log_format に $request_time を定義していると、そこに処理時間を出力してくれます。

今回の場合は最後の項目でしたので、以下で一気に抜き取ります。

$ awk '{print $NF}' /var/log/nginx/access.log
0.003
0.003
0.003
0.002
0.003

後ろから2番目や3番目

これを応用して、後ろから 2 番目や 3 番目を特定してみます。

まずは 2 番目。要は最後からマイナス 1 をするという方法になります。

$ awk '{print $(NF - 1)}' /var/log/nginx/access.log

3 番目はマイナス 2 をするだけです。

$ awk '{print $(NF - 2)}' /var/log/nginx/access.log

同時に出力する場合は、こんな感じですね。

$ awk '{print $(NF - 2)" "$(NF - 1)}' /var/log/nginx/access.log

Tips記事一覧

新着記事一覧です。

関連記事一覧

TOP