Jenkins2.54.1にアップデートしたら503エラー

Jenkins2.54.1にアップデートしたら503エラー

記事一覧Jenkins2.54.1にアップデートしたら503エラー

何気なく yum update したら、いつも通り Jenkins のバージョンアップ。アップデート頻繁ですよねぇ。っと、いざ Jenkins にアクセスしたら 503 エラーになっているではありませんか。

Problem accessing /. Reason: Service Unavailable

しかもエラー内容が具体的じゃないってことで、ログを見ることに。

$ less /var/log/jenkins/jenkins.log
WARNING: Failed startup of context w.@2ee99497{/,file:/var/cache/jenkins/war/,STARTING}{/var/cache/jenkins/war}
java.lang.reflect.InvocationTargetException
        at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
        at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:57)
        at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:43)
        at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:606)
        at org.eclipse.jetty.webapp.IterativeDescriptorProcessor.visit(IterativeDescriptorProcessor.java:85)
        at org.eclipse.jetty.webapp.IterativeDescriptorProcessor.process(IterativeDescriptorProcessor.java:72)
        at org.eclipse.jetty.webapp.MetaData.resolve(MetaData.java:408)
        at org.eclipse.jetty.webapp.WebAppContext.startContext(WebAppContext.java:1340)
        at org.eclipse.jetty.server.handler.ContextHandler.doStart(ContextHandler.java:741)
        at org.eclipse.jetty.webapp.WebAppContext.doStart(WebAppContext.java:505)
        at org.eclipse.jetty.util.component.AbstractLifeCycle.start(AbstractLifeCycle.java:68)
        at org.eclipse.jetty.util.component.ContainerLifeCycle.start(ContainerLifeCycle.java:132)
        at org.eclipse.jetty.server.Server.start(Server.java:387)
        at org.eclipse.jetty.util.component.ContainerLifeCycle.doStart(ContainerLifeCycle.java:114)
        at org.eclipse.jetty.server.handler.AbstractHandler.doStart(AbstractHandler.java:61)
        at org.eclipse.jetty.server.Server.doStart(Server.java:354)
        at org.eclipse.jetty.util.component.AbstractLifeCycle.start(AbstractLifeCycle.java:68)
        at winstone.Launcher.(Launcher.java:152)
        at winstone.Launcher.main(Launcher.java:352)
        at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke0(Native Method)
        at sun.reflect.NativeMethodAccessorImpl.invoke(NativeMethodAccessorImpl.java:57)
        at sun.reflect.DelegatingMethodAccessorImpl.invoke(DelegatingMethodAccessorImpl.java:43)
        at java.lang.reflect.Method.invoke(Method.java:606)
        at Main._main(Main.java:264)
        at Main.main(Main.java:112)
Caused by: java.lang.UnsupportedClassVersionError: jenkins/util/SystemProperties : Unsupported major.minor version 52.0
        at java.lang.ClassLoader.defineClass1(Native Method)
        at java.lang.ClassLoader.defineClass(ClassLoader.java:803)
        at java.security.SecureClassLoader.defineClass(SecureClassLoader.java:142)
        at java.net.URLClassLoader.defineClass(URLClassLoader.java:442)
        at java.net.URLClassLoader.access$100(URLClassLoader.java:64)
        at java.net.URLClassLoader$1.run(URLClassLoader.java:354)
        at java.net.URLClassLoader$1.run(URLClassLoader.java:348)
        at java.security.AccessController.doPrivileged(Native Method)
        at java.net.URLClassLoader.findClass(URLClassLoader.java:347)
        at org.eclipse.jetty.webapp.WebAppClassLoader.findClass(WebAppClassLoader.java:510)
        at org.eclipse.jetty.webapp.WebAppClassLoader.loadClass(WebAppClassLoader.java:441)
        at org.eclipse.jetty.webapp.WebAppClassLoader.loadClass(WebAppClassLoader.java:403)
        at org.eclipse.jetty.server.handler.ContextHandler.loadClass(ContextHandler.java:1583)
        at org.eclipse.jetty.webapp.StandardDescriptorProcessor.visitListener(StandardDescriptorProcessor.java:1956)
        ... 25 more

HTTP ERROR: 503 … accessing /jenkins. Reason: Service Unavailable

とりあえず、海外のサイトで情報を探すと同様の投稿が数時間前に。コメントを追った感じ、Java1.7 だともうダメってことのようです。これが java.lang.UnsupportedClassVersionError の指していることか。

HTTP ERROR: 503 … accessing /jenkins. Reason: Service Unavailable

よくよく見ると、確かに Java は 1.7 が入ってました。ちなみに Amazon Linux です。もしかすると、Jenkins を入れた時に一緒に入ったのかもしれませんが、記憶にない・・・。

$ java -version

java version "1.7.0_131"

すぐに実行したいタスクがあるので、早速 Java1.8 に入れ替えます。Java1.7 消してもいいけど、1.8 を入れてそちらを優先的に使うようにします。

$ yum install java-1.8.0-openjdk-devel

# 1.8の番号を入力
$ alternatives --config java

$ java -version

openjdk version "1.8.0_121"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_121-b13)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.121-b13, mixed mode)

念のため、Jenkins を再起動して、無事にアクセスできました。

$ service jenkins restart

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

標準出力と標準エラー出力をパイプに渡す

よく、標準出力先をファイルにリダイレクトすることはありますが、意外に標準エラー出力は使う機会がありません。しかし、やはりツールやパッケージ製品になると標準エラー出力も活用されているようです。でも、...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

主要無料ブログ5つに対する自動投稿PHPプログラム

アメブロへ楽天APIなどの情報を自動で投稿する の反響が良かったので、どうせならアメブロ以外の無料ブログの XML-RPC を使った自動投稿も紹介したいと思います。これには FC2BlogManager.php というライブ...

PHP

>>記事を確認する

snmpでデバイスの情報を取得

snmpでデバイスの情報を取得するコマンドです。これを元に、ディスクIOなどのMIB値を探します。 $ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.2 (結果の一部) UCD-DIS...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

awkで指定したカラム以降をprint表示する

前回、awk で最後のカラム以外を表示してみましたが、今回は指定したカラム以降のカラムを全部表示したいと思います。 例えば、7 個の文字列がカンマで区切られているファイルがあるとしたら、3 番目のカラム...

awk / シェル

>>記事を確認する

CentOSでRedisサーバを使う

冗長化した Web サーバなどで、セッションの管理や、セッションや特定のユーザーに紐付く一時データを管理するのに memcache を使う場面は多いと思います。 その memcache の中でも主流なのが memcached です...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Redis

>>記事を確認する

ドメイン取るなら低価格で楽々管理

バリュードメインは、GMO デジロック社の低価格ドメイン総合サービスです。

このサイト含め、私もこれまでに 100 個以上のドメインを取得して管理してきましたが、WHOIS の代理公開も可能なので、無料 SSL 証明書の Let's Encrypt と組み合わせれば、かなりの低価格で SSL サイトも運営できます。

年単位で領収証発行もしてくれるので、たくさんサイトを抱えているアフィリエイターや個人事業主にもオススメです。

AWSの無料利用枠内で複数サイトをサクサクと運営する方法

MySQLでテーブル定義を取得

似たような構成のテーブルを作る時に、今までは mysqldump コマンドで -d オプションを付けて実行していました。 これでも十分に要件は満たせるのですが、MySQL のコンソールからサクっと出したい場合もある...

データベース / MySQL

>>記事を確認する

Poderosa5の登場と文字色と背景色

新しい PC を購入したので、久し振りに Poderosa のインストールをしたのですが、Poderosa-Terminal として最新バージョンの 5 が 2016 年に登場していました。 これ、職場でもインストールしてみたのですが...

Windows / ツール

>>記事を確認する

Laravel5.1からLaravel5.5へアップデートする

LTS だった Laravel5.1 のバグフィックスサポートが 2017 年の 6 月で終わり、セキュリティサポートも 2018 年の 6 月で終了となります。 このタイミングで、兼ねてから発表のあった、次期 LTS の Laravel5.5...

PHP / PHPフレームワーク / Laravel

>>記事を確認する

VagrantでCentOS6.9のイメージを使う

CentOS7 が既に 7.3 まで出ていますが、AmazonLinux がまだ 6 の構成と似ていることから、なかなか 7 系に移行できません。 そこで、Vagrant のイメージも 6 系の最新版を使うと思ったのですが、下記の BOX ...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Vagrant

>>記事を確認する