VirtualBoxのバージョンアップで解決

Vagrant の環境を構築したのは 1 年近く前だったので、VirtualBox のバージョンを確認したところ、使った exe は「VirtualBox-5.1.0-108711-Win.exe」でした。

起動できなくなっていただけに、ダウンロードファイルを残していて良かったです。

最新版をサイトで確認するとメジャーバージョンやマイナーバージョンに変更はないですが、「VirtualBox-5.1.22-115126-Win.exe」までビルド番号が進んでいました。

ダメ元でこれをインストールしてみると、何事のなかったかのように VirtualBox が起動し、Vagrant も vagrant up でエラーなく起動できました。

自動アップデートがあるソフトウエアが増えている中で、手動でアップデートする習慣が抜けているとダメですね。

ちなみに、Vagrant のバージョンは 1.8.5 を使っていますが、今現在の最新は 1.9.5 のようです。。

これを教訓に気を付けていかないと・・・。

Tips記事一覧

新着記事一覧です。

関連記事一覧

TOP