目次

nslookup

CentOS ではデフォルトでインストールされていませんでしたが、AmazonLinux では which で検索したら /usr/bin の下にあります。

自分で入れた記憶がないので最初から入っていたのでしょうか。

$ which nslookup

/usr/bin/nslookup

インストールされていない場合は bind-utils パッケージを入れてください。

$ yum -y install bind-utils

ELBのIPアドレスを確認

ELB の設定ページには IP アドレスは表示されていませんが、「DNSアドレス」が割り振られていますので、このアドレスから IP アドレスを取得します。
(既に存在しないELBですが念のため一部省略しています)

nslookup でも dig でもいいですが、ここでは nslookup で IP アドレスを確認します。

$ nslookup hogehoge-1850880394.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com

Server:  172.31.0.2
Address: 172.31.0.2#53

Non-authoritative answer:
Name: hogehoge-1850880394.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com
Address: 52.193.89.xx

場合によっては複数の IP アドレスが返ってくる場合がありますが、今回の ELB では 1 つだけでした。

最大で割り当てられる IP アドレスは 8 個もあるようです。

この IP アドレスのいずれかを hosts に設定して目的のサイトにアクセスすれば、Route53 でエイリアス指定した ELB を経由せずに、この ELB を通過するようになります。

Tips記事一覧

新着記事一覧です。

関連記事一覧

「AmazonLinuxでnslookupしてELBのIPアドレスを確認する」に関連した記事一覧です。

TOP