目次

Wikipediaでも複数の候補が

Wikipedia を見ればこの手の問題は解決するのですが、Wikipedia にも読み方の候補が複数存在します。

  • クーべネティス
  • クーベルネイテス

どちらも読みやすいとは言えないですね。

読み方サイトでチェック

ここで頼りになるのが「ヨミカタ」ですね。

日本の現場ではどの読み方が多いのか、このサイトを目安にしている人も多いと思います。

  • クベルネテス

このサイトでは圧倒的に「クベルネテス」という呼び方が多いようです。

短い方がいいので私もこれを採用したいと思いますが、実際にはプロジェクトに影響されてしまうのでしょうけどね・・・。

Linux のパッケージ管理の yum についても、人によっては「ヤム」「ユム」などいまだに分かれます。私は最近は「ヤム」派。

この手の名前は、自分で貫き通して周りにも浸透させるか、周りに流されて自分が変わっていくのか、些細なストレスにもなりますよね。

無理に日本語読みに置き換えるのが難しいのはわかりますが、悩ましいところです。

Tips記事一覧

新着記事一覧です。

関連記事一覧

TOP