apache benchで負荷試験

apache benchで負荷試験

Apacheapache benchで負荷試験

今日は負荷試験のお話。負荷試験といえば、本番サービス前にはかかせない試験です。設計の段階で、ある程度の負荷(Webアプリケーションだと同時接続数とか)を予測していると思いますが、実際に負荷をかけてテストしてみないとなんとも言えません。もちろん、Web サーバへのアクセスだけでなく、DB への接続など、いろんな要素を組み合わせて確認しないといけませんが。

さて、負荷試験のツールはいろいろありますが、今日はお手軽な Apache Bench を使ってみます。Java とか使える環境なら JMeter とかがいいのかもしれませんね。

Apache Bench は、Apache をインストールしている場合、bin ディレクトリにデフォルトで入っています。インストールしていなくても、単体の実行ファイルで実行できたと記憶しています。

Apache Bench はコマンドラインから ab コマンドを実行するだけですが、いろいろとオプションが用意されています。主に使うオプションは、同時接続数とリクエスト数です。

$ ./ab -n 5 -c 5 http://localhost/

同時接続数は -c で指定し、リクエスト数は -n で指定します。

結果は標準出力されますが、ここで負荷の状況を確認します。

Complete requests:5
Failed requests:0

Complete requests が処理したリクエスト数、Failed requests が失敗したリクエスト数です。

Requests per second:49.93 [#/sec] (mean)

1 秒間に処理されたリクエスト数です。

Connection Times (ms)
              min  mean[+/-sd] median   max
Connect:        0    2   4.5      0      10
Processing:    40   54  15.2     60      70
Waiting:       20   46  19.5     50      70
Total:         40   56  15.2     65      70

上から、接続時間、処理時間、待ち時間、それらの合計です。

今まで説明した項目をチェックしながら、同時接続数やリクエスト数を増やしていってサーバの状況を確認していくと、だいたいどのくらいの負荷まで耐えれるかがわかってくると思います。できれば、別のマシンから Web サーバに向けて実行した方がよりいいと思います。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報