ついにIEEE 802.11nが登場しそう

ついにIEEE 802.11nが登場しそう

ネットワークついにIEEE 802.11nが登場しそう

数年前から話題になっていた IEEE802.11n 規格の無線 LAN が、いよいよ本格的になってきました。無線 LAN といえば、現在は IEEE802.11a/b/g が主流ですが、それぞれメリットとデメリットがあり、有線の LAN に比べると速度もあまり期待できません。

また、場所によっては、IEEE802.11a の 5GHz 帯と IEEE802.11b/g の 2.4GHz 帯 のどちらかしか使えない場合もあります。特に IEEE802.11b/g は電子レンジなどと同じ帯域の電波を使うので干渉しやすいです。

さてさて、肝心の IEEE802.11n ですが、実は 2.4GHz 帯または 5GHz 帯の両方を使い分けるそうです。しかし、速度は現状のバージョンで 540Mbps(実効速度は100~200Mbps)が期待できるとのこと。無線 LAN を利用したサービスの幅も広がってきそうです。

しかし、無線 LAN の一番の問題はセキュリティ。最近、「無線LANのWEP暗号、60秒でクラッキング」みたいな話題がありましたが、新しい規格も追いつつ、セキュリティについても動向を追っていきたいところです。家庭ならともかく、企業で使用する場合にはラディウスサーバとか立てる時代が来るのかなぁ・・・。きっと、もっと手軽に導入できる技術ができるとは期待していますが。

[参考]
IEEE 802.11n:導入前に知っておくべきこと【前編】
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0704/10/news01.html

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報