MRTGでディスクIO(FreeBSD6.2編)

MRTGでディスクIO(FreeBSD6.2編)

Linux(FreeBSD)MRTGでディスクIO(FreeBSD6.2編)

前回、CentOSとIBMのサーバでMRTGの設定をしました。MRTGでディスクIOの値を取得(1)

さて、今回はエージェントを FreeBSD6.2 にしたら、ディスク IO の値が取得できなかったので調べてみました。多分、CPU や HDD のハードウエアではなく、入出力などの部分なので、OS またはカーネルの問題で、MIB 値が変更になったと思われます。

では、早速、下記のコマンドで、デバイスの情報を取得できます。

$ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.

[一部抜粋]
UCD-DISKIO-MIB::diskIONRead.1 = Counter32: 37736160
UCD-DISKIO-MIB::diskIONRead.2 = Counter32: 0
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.1 = Counter32: 571164672
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.2 = Counter32: 0
UCD-DISKIO-MIB::diskIOReads.1 = Counter32: 2527
UCD-DISKIO-MIB::diskIOReads.2 = Counter32: 0
UCD-DISKIO-MIB::diskIOWrites.1 = Counter32: 39576
UCD-DISKIO-MIB::diskIOWrites.2 = Counter32: 0

diskIONRead.1 の値は下記のコマンドで見れます。

$ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.3.1

[一部抜粋]
UCD-DISKIO-MIB::diskIONRead.1 = Counter32: 3794915
(MRTGの設定例)
Target[diskio]: .1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.4.1&.1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.3.1:{SNMPGROUPNAME}@{IPアドレス}

Target[diskios]: .1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.6.1&.1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.5.1:{SNMPGROUPNAME}@{IPアドレス}

ネットワークトラフィックもFreeBSDはeth1などの名前ではなく、グループ番号を指定しないとダメみたいですね。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報