SubversionをWindowsで動かす

SubversionをWindowsで動かす

Software(Tips)SubversionをWindowsで動かす

何気なく Subversion を Windows で動かしてみます。Windows で動かすのはクライアントではなくサーバとしてです。まずは、下記のサイトから最新をダウンロードします。2007年10月10日現在の最新は svn-1.4.5-setup.exe です。

Subversion

最初に Apache 上で動かす方法です。その次に svnserve をデーモンで動かす方法も書いておきます。

[Apacheベース]

httpd.conf の設定です。
リポジトリは C:\svnrep 以下に作成します。

<Location /svn>
  DAV svn
  SVNListParentPath on
  SVNParentPath C:\svnrep
  AuthType Basic
  AuthName "Subversion repositories"
  AuthUserFile passwd
  Require valid-user
</Location>

# 認証用ファイル作成(DOSプロンプトで実行します)
cd Program Files/Apache Group/Apache2
./bin/htpasswd -c ${PASSWORD} ${USERNAME}

SVN のクライアントツールなどを使い、C:\svnrep\test 上で create します。

その後、import で file:///C:\svnrep\test を指定
[svnserve]

リポジトリは C:\svnrep 以下に作成します。
SVN のクライアントツールなどを使い、C:\svnrep\test 上で create します。

C:\svnserve を作成し、C:\svnserve 上に
Subversion の bin 以下のファイルをコピーします。

# DOSプロンプトで実行します
cd C:\svnserve
svnserve.exe --daemon

リポジトリの conf 配下で認証設定をします。

svnserve.conf の設定です。

[general]
anon-access = read
auth-access = write
password-db = passwd

passwd ファイルの設定です。

[users]
saratoga = password

# サービスをネイティブで起動させる
sc create svnserve binpath= "c:\svnserve\svnserve.exe --service" displayname= "Subversion" depend= tcpip start= auto

上記のようにサービスに登録しておくと楽になります。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報